NHKスペシャル 人類誕生第3集を観ました

トラブルも解消し ホッとしましたら 連休初日鼻声になっていましたので

外出せず のんびり過ごしました


人類誕生についてのNHKスペシャルがあっていましたので観ました

興味があり 過去の放送は全て観ています


 
アフリカで生まれたホモ・サピエンスが地球上に広がっていき

ヨーロッパに行った人々が何故白人になったのかずっと疑問でした

突然変異は考えにくいですし・・・118.png


それは・・・端折りますと

アフリカ北部の人々が北に移動し

ネアンデルタール人との混血になったことで色が白くなり 

東に移動していくうちに環境によってアジア人の特徴を持つようになったということでした

あの壁画を残したネアンデルタール人は

病気か飢餓かホモ・サピエンスに負けて絶滅したものと思っていましたので

感慨深いものがありました

私達日本人もネアンデルタール人の遺伝子をもっているそうで、不思議な気持ちです


アフリカ南部の人々は移動しなかったのでその遺伝子は持っていないそうです





今回第3集では

ホモ・サピエンスはなぜ世界に広がることができたのか?

という疑問

*何故広大な海を渡ることができたのか

*何故極寒の地に進出できたのか   
   

この2つについて解き明かされました



日本に渡るには3ルートあり

中でも台湾から与那国島を目指す海の道を立証すべく

国立科学博物館人類研究部人類史研究グループ長、海部 陽介さんらは

「3万年前の航海 徹底再現プロジェクト」を立ち上げました

前の放送で 草を束ねて船を作り与那国島を目指すのを観ましたが 

黒潮に流されて断念することになりました


今回は 竹で船を作り漕ぎ出しましたが 

途中でスコールに遭い目的地が見えなくなって断念せざるをえなくなりました

次の計画では

3万年前の道具を使って丸太船を作り渡るそうです

問題点は流れの速い黒潮を横切らなければ島に到達しないということです

3万年前の人々はどうやって渡ったのか?

解明できる事を願っています


興味を持たれた方は ↓ を ご覧ください



流れが速いと言えば関門海峡です

子どもの頃は下関から渡船で対岸の門司港へ渡っていました

所要時間は5分ほどです

九州は下関とは言葉のアクセントやイントネーションが違いますが

門司港はよく似ていますので 手漕ぎの船の頃から行き来があったものと思われます

ある冬の日 外で待つのが寒く渡船の側のホテルのロビー(2F)で待つことにし 

何気なく海を見ていましたら

渡船が流れに逆らって途中まで行き 

そこから流れに乗りながら(流されながら)少しずつ目的地に近づいて行きました

大きな「く」の字を描いて進んでいたのです

乗船しているときは全く気づきませんでしたが

古代の人もこうやって渡ったのかも?と密かに思うのでした



昨日のニュースで 

日本人はどこから来たのか遺伝子を調べて解明すると言っていました

以前ミトコンドリアで解明されたのは観ましたが

もっとはっきりわかるのでしょうね

興味深いです110.png






長々とお付き合い下さりありがとうございます179.png







トラックバックURL : https://itonokai.exblog.jp/tb/29749594
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by tad64 at 2018-09-19 17:12
人類の誕生については余り知識を持っていないのでとても興味深く読ませて頂きました。
その上過去3回シリーズのNHKスペシャルの情報まで頂いたので早速拝見させていただきます。
この様な情報はとても嬉しく且つ有難いで~すう。
Commented by bluerose-lace at 2018-09-19 21:21
> tad64さん
コメントありがとうございます。

まとまりのない文章で読みにくかったのでなないでしょうか。
学校では習わなかった新しい情報や疑問に思っていたことが解き明かされ、TVに引き込まれてしまいます。
次の放送を楽しみにしています。
Commented by cenepaseri at 2018-09-20 12:19
私も人類の歴史は大好きです。しょっ中見逃していますが
面白いですね。日本人と同じ遺伝子を持つ人達が東南アジアの島にいるらしいです。どういう道筋で来たのででしようね、ロマンがありますね〜
Commented by bluerose-lace at 2018-09-20 15:59
> cenepaseriさん
コメントありがとうございます。

日本人のルーツを解き明かすベく船を作って挑んでいらっしゃる姿に感動しています。
獅子舞は唐草模様の布を付けたものが主流ですが、九州の南部では藁を付けたものがありますので、それは南から伝わったのではないかとに思っています。
古代に思いを馳せるのはロマンがあって楽しいですね。
by bluerose-lace | 2018-09-18 18:30 | 日々のできごと | Trackback | Comments(4)

ルーマニアン・マクラメをはじめ手編みなど日々の制作風景も交えて綴ります


by BlueRose
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31